調達支援ソリューション事例

製造特化はヤマトによろしく

このストーリーを印刷する
slide1

効率化ご提供のしくみ

 床にライン


入出荷動線は一筆書きに


タテの空間を活用し保管

 部品はラック保管


品番ごとに管理


手作りのピッキング台車

 台車を活用


出荷品を自動搬送


フォークリフトを使わず出荷エリアへ

お客様のお困りごと

◎ 工場内でもっと付加価値を生み出したい!

  • ● 生産ラインを増やしたい。
  • ● 工場内スペースの多くを部品庫が占めており、減らす
      ことができない。外部に借りるしかないか?

◎ 調達コストの増加を止めたい!

  • ● 発注・納期確認など事務処理が煩雑。
  • ● 実は生産前工程に多くの人手がかかっている。
  • ● サプライヤー主導の方法で購入しているため、必
      要以上の量が入荷されている。
→

お客様は製造に特化

◎ 生産スペース増はヤマトグループにお任せ

  • ● ヤマトへの一時保管で部品庫スペースを削減。
  • ● 生産計画にあわせて部品を供給。必要なものを必
      要な時・量で工場へお届け。
  • ●最少コストで生産スペースを増やします。

◎ 調達コストを削減!

  • ● 固定費を変動費化
  • ● 仕入原価も削減(Push→Pull)
    • → 発注・納期確認は専用システムで一元管理。
    • → 入荷品のデバンニング・開梱はヤマトで。
    • → 最少量入荷でお客様にキャッシュを残します。

※ブラックジャックによろしく 佐藤秀峰 漫画 on web

トップへ