情報セキュリティ方針

ヤマトパッキングサービス株式会社(以下、当社)は、物流サービスを提供していく上でお客様からお預かりした情報を加工する業務を行っております。お客様により良い商品とサービスを提供していくには、当社の情報資産をさまざまなリスクから保護しなくてはならないと自覚しています。当社の情報資産を保護する行動指針として「情報セキュリティ基本方針」を定め、適切な対策を施すと共に、その維持管理・運用のために全員が一丸となって行動することを宣言します。

平成25年10月1日 代表取締役社長

当社は「個人情報及びお客様が非公開を要望する企業情報をあらゆるリスクから完璧に保護する。」ことをポリシーに掲げ、リスクマネジメントシステムを確立し、継続的な改善活動を推進して行きます。

1.対象とする情報資産
当社の管理下にあるコンピュータやネットワーク設備・施設、装置、ソフトウエア、データ及びその格納媒体、ドキュメントや契約書類を対象とします。

2.適用範囲と運営方針
ドキュメンツロジスティクスカンパニー、情報担当の取り扱うすべての情報と人事総務担当の取り扱う社員情報の保護及び包装とその発送・保管等の付帯業務と配達情報(未着、誤配、配達先不明、クレーム等)の収集と顧客への提供を対象とし、『機密性』『完全性』『可用性』を維持管理、運用していきます。

3.法令遵守
本セキュリティ基本方針と、関連する法令・規制を遵守し、別途定める各規程類(マニュアル、宣言書、標準、規程書等)に従い行動します。

4.契約
顧客及び業務委託先との契約においてセキュリティに関する要求事項も遵守する。

5.組織体制
運営組織として情報セキュリティ委員会を置き、運営と管理を定期的に見直し、継続的改善に務めます。

6.リスクアセスメントの確立
適用範囲で定めた情報資産は、リスクアセスメント適用して、効果的な保護・管理・運用索を講じていきます。

7.教育と責務
当社に従事する者は、情報セキュリティに関する教育・訓練を受けます。また、法令や倫理基準に違反した場合には、就業規則に従って処罰を受けます。

トップへ