採用情報

HOME > 採用情報:中途採用情報 > 社員紹介(海外生活支援サービス部門)

社員紹介3(海外生活支援サービス部門:事務スタッフ)

クロネコヤマトが
「海外生活支援サービス」という新規事業立ち上げ!!!
今がチャンスだと思った。

海外生活支援サービスカンパニー
水谷 美香
2009年入社

海外生活支援サービスカンパニー 水谷美香

メキシコへの留学を機に、大学卒業後、単身メキシコに渡りました。メキシコでは旅行会社に勤務し、日本人旅行客の旅行スケジュールやツアーオプションの企画立案、滞在中のホテルや移動車の手配など、旅行に関連するあらゆる現地手配業務を担当していました。業務経験を積み、マネージャーとして仕事を任せてもらえるようになった頃、メキシコでの経験・スキルを日本で活かせる場はないかと思い転職を決意。そんな時、宅急便で有名なヤマトが、海外引越の部門で「海外生活支援サービス」という新規事業を立ち上げることを知り、帰国して迷わず入社しました。

「海外生活支援サービス部門」では、海外へご赴任されるお客様に対し、海外引越の他、渡航関連手続きのサポートを行い、スムーズに赴任ができるよう手配を行っています。その中で、私はご赴任者や海外人事ご担当者様に代わって、海外赴任に伴う渡航手続きや手配を行っています。具体的には、赴任先の国ごとにVISAの取得や必要な予防接種などが異なる為、最新の情報を取りまとめ手続きの負担軽減ができるよう対応しています。また赴任者やご家族にとって海外生活は不安なことばかりです。そこで海外赴任前にガイダンスを実施し、異文化理解や海外生活での注意点、現地事情など情報を提供し不安を解消するサービスを行っています。さらには海外人事ご担当者に対して海外赴任に関するコンサルティング業務を行う等、幅広いサービスを展開しています。海外引越の業務知識が全くなかった私ですが、先輩方と共に仕事をする中で学び、今では現地視察の海外出張まで任せて頂けるようになりました。

今日、様々な分野でグローバル化が進み日本人の海外赴任者は増加の一途を辿っています。お客様のニーズも多様化し、海外生活支援の分野は様々な視点からサービスを展開することができます。更なる成長が見込める新規事業だからこそ、チャンスは沢山あります。
あなたのアイディア・発想をヤマトで「新サービス」という形にしてみませんか。

 

社員紹介4(海外生活支援サービス部門:オペレーションスタッフ)

「帰国時も鈴木さんにまたお願いしたい」
お客様のその一言が、私のモチベーション。

東京西海外生活支援センター
鈴木 正人
2004年入社

写真(宇野海郎)

前職では輸入家具やオフィス用品の営業と配送の仕事をしていました。仕事に不満はありませんでしたが、家族との将来を考え、福利厚生が整っており、収入アップも期待できる会社はないかと転職先を探し始めたところ、ヤマトの海外生活支援サービスと美術品輸送の部門の求人募集を目にしました。社会から信頼のあるクロネコヤマトのブランドに魅力を感じ、前職で培ったトラックの運転技術や家具の搬出入には自信もあり、またお客様の喜びを直接感じられる海外生活支援サービス部門を希望し、入社しました。

現在、海外へ赴任されるお客様のご要望を伺い、ご不安を取り除くためのコーディネートから、実際のお荷物の梱包、引取、船積み準備までを担当しています。海外引越ではお荷物の輸送に船や飛行機を利用しますが、長距離輸送となるため、積み付け、積み降ろしの回数も多く、お荷物に加わる衝撃の頻度、大きさを考慮した厳重な梱包が必要になります。また、お預かりするお客様のお荷物は日本からの『輸出』扱いとなり、日本の税関への申告が必要となるため、箱ごとに内容品の詳細を作成し、申告書類を用意します。日本の『輸出』通関だけでなく、ご赴任先の国での『輸入』通関は各国ごとに必要書類、手続き、送れるものや送れないものが異なるため、日々更新される通関事情を収集し、お客様にご案内することが必要となります。安全確実にお荷物をお届けすることはもちろんのこと、お客様のご不安を少しでも解消できるよう、ご要望を汲み取り最適なプランをご提案し、丁寧かつスピーディーな対応を日々心がけています。

日本で現場作業のリーダーとしてお客様と接する中で、「鈴木さんでよかった。」「帰任の際も鈴木さんにお願いしたい。」と言って頂けることが増え、この仕事にやりがいを感じています。また、海外現地でも作業リーダーを任せてもらう機会にも恵まれ、安心のクロネコ品質を海外で提供できたことも私の誇りです。

海外引越の現場は毎日作業現場が異なり、お客様も異なります。日々新しい出会い・発見がある中で、私達と一緒に仕事をしてみませんか。

トップへ