採用情報

HOME > 採用情報:中途採用情報 > 社員紹介(ロジスティクス部門)

社員紹介1(ロジスティクス部門:営業スタッフ)

お客様に一番近い営業だからこそできる仕事がある。

関東クイック通販ロジ主管支店
アシスタントマネージャー
(取材当時スーパーバイザー)
寺田 大治郎
2004年入社

関東クイック通販ロジ主管支店 スーパーバイザー 寺田大治郎

前職では土木関係の設計事務所で仕事をしていました。仕事を続ける中で、お客様からの要件を確認して設計を行うだけでなく、「もっとお客様と色々な話をして、いいサービスを提供したい。」「お客様が満足する新しいサービスを創りたい。」と考える様になり、営業職ならば、その経験ができるのではと考えました。

ちょうどその時ヤマトロジスティクスの採用募集に記載されていた「顧客ニーズにあわせた物流アウトソーシングの提案営業」という言葉に惹かれ、この会社なら自分のやりたい仕事が出来ると考え、転職を決意しました。

これまで関わりの無かった業界への転職は非常に不安でした。入社後は右も左も分らない状況の中で、上司や先輩から丁寧に、時に厳しくご指導頂きました。物流に関して全くの素人だった私は、これまでの経験を活かすことができない場面も多く、辛い時期もありました。ですが、今振返るとその下積みがあったからこそ今の私があると思います。また、この会社では頑張り次第で大型案件や、大型プロジェクトに携わることができる環境があります。実際私も2年目で大手製薬メーカー様との案件を成約させることができました。これは常日頃から何事にも真摯に諦めずにチャレンジした結果と考えています。また、自分だけでなく周囲からの支援があったからこそと考えています。

ロジスティクスの営業は、リストアップからアプローチ、初訪、提案等多くのことを担当します。また、お客様と成約した際は倉庫移設や運用ルールの決定まで担当します。この仕事でのやりがいは、お客様ごとに置かれている状況が違い、各社にあわせた最適な提案をする必要があることです。また、昨今物流に対する注目度が高まっており、経営戦略も踏まえて話をする機会があるので、企業の経営に対して責任ある仕事をしていると実感できることです。

物流業界はこれからますます多様に広がると思います。その中で新サービスを創出したい、便利なサービスを創出したいと考えている人には、この会社は向いていると思います。

 

社員紹介2(ロジスティクス部門:オペレーションスタッフ)

荷物が届いた時のお客様のことを考えて、
最高品質のサービスを目指しています。

関西クイック通販ロジ主管支店
センター長
(取材当時スーパーバイザー)
宇野 海郎
2005年入社

関西クイック通販ロジ主管支店 センター長(取材当時スーパーバイザー) 宇野海郎

前職では子ども向け学習教材の訪問販売を行っていました。その仕事を辞めることになった時、以前から興味を持っていた物流に携わってみたいと思い、繁忙期のセンター作業員を募集していたヤマトロジスティクスへの入社を決めました。

物流に関しては全くの素人でしたが、先輩方が丁寧に教えてくれたおかげで、すぐに仕事に慣れることができました。入社当初の主な仕事は、リストに従って指定された商品をピックアップし、検品・梱包を行うものでした。10社あれば10通りの運用ルールがあるため、単純のように見えて非常に奥が深い仕事だと感じることが多々ありました。

入社してからの私は、物流を極めたい、そのために色々なことに挑戦したいと思い、常に積極的に行動するように意識していました。その結果、入社2年目の時にお客様の運用リーダーを任せられました。運用リーダーとして、顧客対応や、運用進捗状況の管理、業務改善等、これまでとは違った視点で仕事を見ることができるようになりました。さらに、チームプレーの重要性や、決められた時間内に全ての作業を終わらせるために必要な計画性等を学ぶことができました。

この仕事のやりがいは、傍から見ると単純作業の繰返しのように見えますが、みんなで協力して1つのことを成し遂げた時の達成感や、事前に計画していた通りに物事がうまく進んだ時に満足感を感じることができることだと思います。また、社員教育を行う機会もあり、メンバーの成長を実感できた時は、自分のことのように充実感を味わうことができます。

現在は大手通信販売企業様の運用リーダーを担当していますが、将来的にはセンター長として、全体をマネジメントする立場でお客様に満足してもらえる仕事をしたいと考えています。企業を根底で支えている物流に携わってみたい、物流を極めてみたいと思っている方と一緒に働いてみたいと思っています。

トップへ