インフォメーション

HOME > インフォメーション NEWS

NEWSセミナー・イベントリスト


ヤマトホールディングス株式会社

平成25年7月30日

多機能スーパーハブ「厚木ゲートウェイ」を竣工

最新鋭のマテハン機器で、24時間、発着同時仕分け。
「多頻度幹線輸送」による主要都市間の宅急便当日配達の実現に向けた第一歩へ。

ヤマトホールディングス株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:木川 眞)は、8月6日に関東・中部・関西圏間の宅急便当日配達を実現するためのゲートウェイターミナルの第1号にあたる「厚木ゲートウェイ(以下、GW)」を竣工し、8月11日から稼働いたします。

1.背景

近年、eコマースの発達により、注文した商品をより早く受取るためのスピード配送のニーズが高まっています。

ヤマトグループでは、このニーズに応えるために、2016年までに関東・中部・関西圏にゲートウェイターミナルを竣工し、大都市間の宅急便当日配達を実現します。

その第1号である厚木GWは、24時間稼働・最新鋭設備で、ネットワークを有機的に結びつけ、流れの中で付加価値を付けていくことで、トータル在庫を圧縮する「止めない物流」を実現する新しい施設です。

ヤマトグループは「バリュー・ネットワーキング」構想の下、今回竣工する厚木GW、9月下旬に稼働する羽田クロノゲート、沖縄国際物流ハブ(昨年11月利用開始)の多機能施設と、ヤマトグループ独自の機能(LT・IT・FT、国内とアジアのラストワンマイルネットワーク)をシームレスに融合することで、物流のスピード、品質、コストのすべてを飛躍的に高め、物流を「バリューを生みだす手段」に進化させ、業種・事業規模を問わない「物流の改革」を実現します。

※参考[1]:「バリュー・ネットワーキング」構想 5つのエンジン

2.厚木GWの特長

(1)24時間稼働と最新鋭設備で、多頻度幹線輸送が可能に
 国内各地域に約70ある従来型の物流施設では、集荷した荷物を夕方まで保管し、夜間に発送作業と到着作業を別々に実施しているため、幹線輸送は夜間に1回だけでした。厚木GWは、最新のマテリアルハンドリング機器(マテハン)の初導入により発着同時仕分けと省力化を実現。24時間の稼働が可能となり、荷物の発送・到着作業を日昼から同時に行うことで、主要都市間の宅急便当日配達を実現する多頻度の幹線輸送が可能になります。
(2)関東・中部・関西圏間で当日配達の提供
 最新のマテハンを導入した厚木GWと、同じ設備・規模の2つのゲートウェイ(2016年までに愛知県豊田市、関西圏で竣工)を組み合わせることで、現状よりも広範囲の当日配達を2016年までに関東・中部・関西圏間にて開始します。

※参考[2]:ゲートウェイ構想の概念図

(3)輸送と加工の一体化で、飛躍的なスピードと効率化を実現
 約90,000平方メートルのスペースを持つ厚木GWでは、全国各地のサプライヤーから調達する製品や部品を集約、同施設内で同梱作業を行い配達先毎にまとめて納品が可能となり、ヤマトグループの拠点と顧客間の在庫移動が不要となります。併せて組み立てや品質確認等の付加価値機能も有しており、付加価値が付けられた荷物はスパイラルコンベアを使いネットワークと結節されることで、「スピード出荷」「納品作業の効率化」が図られ、「止めない物流」を実現します。

※参考[3]:「止めない物流」厚木ゲートウェイの概念図

3.厚木GWの施設概要

名称厚木ゲートウェイ
所在地神奈川県愛甲郡愛川町中津字桜台4001-8、4001-9
延床面積/敷地面積90,499.97m2(27,376坪)/36,580.36m2(11,065坪)
構造鉄骨造8階建
竣工/営業開始2013年8月6日/2013年8月11日
入居会社ヤマト運輸株式会社、ヤマトロジスティクス株式会社、ヤマトフィナンシャル株式会社
その他(環境対応設備・事業継続対応)太陽光発電、非常用発電設備、一部LED照明、免震構造

4.厚木GWの敷地全景

厚木GWの敷地全景

【参考[1]】「バリュー・ネットワーキング」構想 5つのエンジン

(1)「スピードと付加価値機能を一体化」した多機能スーパーハブ「羽田・厚木・沖縄」の本格稼働
 価値を付加しながら素早くネットワークを結節する「止めない物流」
(2)「まとめて預かり、最適化しながら複数個所に届ける」をネットワーク上で素早く、確実に遂行する「FRAPS」
 出荷場所・出荷形態・出荷量を問わない「クラウド型のネットワーク」
(3)「国際クール宅急便」のスタート
 世界初「一貫保冷・国際小口輸送」ネットワーク
(4)出荷から到着までを、シームレスに「デジタル情報化」
 送り手、受け手が共有できる「物流の見える化」
(5)「受け手(調達)」、「送り手(供給)」双方のニーズを満たす
 「デマンド・チェーン視点」の物流最適化

【参考[2]】:ゲートウェイ構想の概念図

ゲートウェイ構想の概念図

【参考[3]】:「止めない物流」厚木ゲートウェイの概念図

「止めない物流」厚木ゲートウェイの概念図

以上

【お問合せ先】

報道機関の方:ヤマトホールディングス(株)広報担当:松浦、片桐(03-3541-4141)まで