ヤマトロジスティクス機密文書回収サービスへ
トップ サービス内容 ご利用手順専用BOX紹介 ご利用上の注意 セキュリティ対策 Q&A お問い合わせ
ORIX Eco Services
ECOBox
専用便
専用Boxのご紹介
ログイン
会員IDをお持ちの方 会員専用ログイン
新しくお取引される方 本社登録申し込み
本社登録がお済みの方 事業所登録申し込み
ログインガイド
本社登録・事業所登録について
本社コード・会員ID・パスワードを忘れた場合
専用Boxをより安全にご利用いただくために
 
重要文書処理システム ECO Box

ECOBox 専用便(東京23区限定対応)


サービスの流れ



 価 格(税抜)  1 15,000円/セット (10箱/セット)
 2 18,000円/セット (10箱/セット)
 3 12,800円/セット ( 4箱/セット)

専用Boxの販売金額にはダンボール代の他にお届けから回収、溶解処理証明書の発行に至るまでの費用が含まれています。
沖縄および島嶼部は別途割増料金となります。
回収作業において特別な事情があった場合には別途回収費用をいただく場合があります。

特長
専用車両にて回収
回収日当日に製紙会社へ搬入
1車両2名体制・専任スタッフにて回収
価格やご利用方法は現行のECOBoxと同じ
専用便

専用車両にて回収

ECOBoxのみを回収する専用車にてお客様の重要文書を回収します。

回収日当日に製紙会社へ搬入

回収したその日に製紙工場まで搬入、原則即日溶解処理を行います。

1車両2名体制・専任スタッフにて回収

1車両に2名の回収体制で、専任スタッフが回収します。

価格やご利用方法は現行のECOBoxと同じ

申し込みやご利用方法・サービス価格は支払方法を除きECOBoxと同じです。

未開封のまま溶解処理

重要文書の入った専用Boxは、回収から溶解処理まで一切開封することなくリサイクルします。サービスの途中過程で箱を開けることがありませんので、分別作業等で人の目に触れることなくサービスが完了します。

シュレッダーにかかる時間を短縮

ECOBoxとシュレッダーの比較 例:No.3ポスト型(満杯時約35kg×2箱)
ECOBoxNo.3 価格 6,720円
シュレッダー処理費用 処理費4,410円+人件費7,560円=11,970円
時間を人件費におきかえて費用を比較すると、上記のとおり、
ECOBoxの方が5,250円(44%)安くなります。
<シュレッダー処理費用明細>
通常の大きさのゴミ袋に4Kg入るとして17.5袋発生
処理費 1袋あたり252円として 252×17.5=4,410円
シュレッダー作業費 1枚あたり1秒→17,500枚で 4.8時間
人件費 時給1,575円として1,575×4.8=7,560円
シュレッダー処理費合計 7,560円+4,410円=11,970円
※A4用紙1枚あたり4gとして計算

万が一の事故の備え

当社は万が一の場合に備えてサービスの特徴にあわせ、個人情報漏洩に備えた保険を付保しています。

申し込みや利用状況の分かるweb画面をご用意

お申し込みやECOBoxの注文および回収はすべてwebで完了します。
また、ご利用状況を一覧で確認することもできますので、年間利用状況の確認もでき、文書処理の集計が可能です。

溶解処理証明書の発行

確実にリサイクルした旨のエビデンスとなる溶解処理証明書をweb上で発行します。
 
 
▲ページの先頭へ
Copyright(C)2015 Yamato Logistics Co.,Ltd. All rights reserved.
本社登録申し込みはこちら